中国舞踊を通じたアジアの舞踊、身体技法の研究及び普及を目的とする非営利団体です。

Chinese Dance Salon - CDS

Tokyo, Japan

新古典舞踊

新古典舞踊は50年代の舞踊専門家たちの研究によって、戯曲 (中国オペラにある舞踊表現)と武術を基に作られました。 最初戯曲舞踊と呼ばれていた。

体の動きと心の構えが一致すること、つまり「心身統一」を何よりも大事にしています。心の構えから生み出された自然な動き、そして、体の動きに伴われる内面の韻律がその神髄です。 

代表な古典舞踊は「水袖」(スイシオ)、剣舞、扇子舞など 

※写真出所:Baidu百科


新古典舞踊は武術の要素が入っているため、民族舞踊より高い身体技術(テクニック)が求められています。

しかし、専門家たちは従来訓練だけでは踊りの体を作るのに限界を感じ、古典バレエの訓練方法を参考し、 中国古典舞踊の独特な訓練システムを作り上げた。

中に特に身韻(体のリズム)の練習がメインになっていまして、呼吸に合わせ、腰や腕が円を貫通して動く設計は妙にも中国太極の理論に合致し、西洋バレエの直線美と対照的で、東洋的な美意識を追求できます。

 

※2015年公演 古典身韻(古典舞踊振付コンビネーション) 


※2015年公演 「貴妃醉酒」 (楊貴妃酔興(ヨウキヒ スイキョウ))

楊貴妃(ようきひ)は、古代中国四大美人の一人で、中国唐代皇帝玄宗が愛した皇妃。この曲は、中国京劇の巨匠梅蘭芳(メイランファン)の代表作である「酔貴妃(スイキヒ)」から由来しており、酒に酔った楊貴妃の、妖艶で酔狂な姿を描いています。 


※その他、発表会古典舞踊作品