中国舞踊を通じたアジアの舞踊、身体技法の研究及び普及を目的とする非営利団体です。

Chinese Dance Salon - CDS

Tokyo, Japan

ダイ族舞踊(傣族)


傣族(タイ族、ダイ族)は、雲南省に暮らす少数民族。南方のミャンマー、ラオスとの国境付近や国境先などで暮らしています。

温暖な気候と大河の恵みにより、花が咲きみだれ、緑が生いしげる豊かな自然環境を土台に、独自の文化をつくり上げた農耕民族です。
 

傣族の別名は、「水の民族」。枯れることのない大河(メコン川)の恵みを存分に受け、豊かな土壌で暮らしています。

傣族の踊りには、川や魚、水汲みの様子など、「水」にまつわる作品がたくさんあります。水汲みに使う桶を舞踊道具として使うこともあるほどです。

傣族にとって「孔雀」は特別な鳥。

孔雀は神聖な鳥であり、舞踊ではよくモチーフとして孔雀を真似た動きが見られます。


傣族の舞踊は、しなやかな身のこなしで、柔らかく、優美です。

カラダでっきりと形づくる表現が好まれるため、どんなに素早い動きのなかでも、独特な形づくりで美しさを感じられますよ。

 

※2014年発表会演目「孔雀飛来」、「雨竹林」

  

※2015年公演演目「雲之南」(雲の南)


衣装は主に筒形の長いスカートで、着物のように脚をすっぽり隠しますが、身体のラインはしっかりあらわれます。

傣族舞踊からは普段の生活にも使える女性の身体美や、美しい所作を学ぶことができますよ。

南国情緒を漂わせながら、時に柔らかく、時に軽快に踊る傣族舞踊は、どこか懐かしい気持ちにさせてくれます。

Written by Iku Matsuda