中国舞踊を通じたアジアの舞踊、身体技法の研究及び普及を目的とする非営利団体です。

Chinese Dance Salon - CDS

Tokyo, Japan

モンゴル舞踊(蒙古族)


モンゴル族の踊りでは、豪放で自信にあふれた「天の寵児」の気概を表現します。きっと大自然のみなぎる生命力を感じられるでしょう。
 

モンゴル族は、中国北方の広大な草原に、その多くが暮らしています。

「馬の背上の民族」という異名を持つ騎馬民族です。大草原で、彼らは長い間、遊牧や牧畜業を営んできました。移動式住居「パオ」に暮らし、勒勒(ロロ車)に乗ります。

言語は中国語と、縦文字の旧モンゴル語。鷹や熊などをトーテムに、太陽神や北斗星神を崇拝する原始ラマ教の影響を受けています。

毎年8月に行われるナダム(那达慕)が、もっとも大きなお祭りです。ナダムでは歌や踊りが披露され、モンゴル式相撲大会、競馬などが行われます。

日本の国技といえば相撲ですが、幕内力士にも中国出身のモンゴル族の方がいらっしゃるんですよ。

 


そんなモンゴル族の舞踊は、落ち着きがあり、力強く、快活なリズムで、たとえ素早く力強い動きの中でもこせこせしません。そして素朴で、真面目です。

手首、腕、肩をしなやかに曲げ伸ばし、円の感覚を大切にします。脚の動作は屈伸をコントロールすることで、剛と柔の良さを併せ持ちます。

また騎馬民族らしく、馬の駆けるステップを脚で表現する場合もあります。

 

※2014年発表会「蒙古人」(モンゴル人)


モンゴル族の代表的な踊りは、伝統的な集団舞「安代舞」、宴の席で踊られる「筷子舞」(お箸の踊り)、祭りや晴れの日に踊られ、おもてなしの意味を持つ「灯舞、頂碗舞」、動物の動きを模倣した「鷹舞」など。

※2015年公演演目「盅碗舞」(チュウワンマイ)


 

※2015年公演演目「鴻雁」(ホウン イヤン)


青い空、どこまでも広がる大草原に、勇壮な騎馬民族に想いを馳せながら、あなたも力一杯踊ってみませんか? 

 

参考資料:《舞蹈艺术》教案3 中国民舞 蒙古族舞蹈

Written by Iku Matsuda